2008年09月17日

ブラインドウォーク〜ドリームNLP

ブラインドウォーク〜ドリームNLP


ブラインドウォークとは日本語で訳すとわかりやすいです暗闇を歩きます。ワークの方法は簡単で2人ペアになり、一人が目をつぶり、もう1人が誘導します。20分間ほど目をつぶり、パートナーに誘導してもらいながら、一緒に歩きます。

私がブラインドウォークを行った場所は「新宿」でした。人も車も多いのでワークをする前は「とても恥ずかしい」と思っていたのですが、実際にしてみると恥ずかしくありませんでした。それは周りがどう見られているかわからないからです。

逆に誘導している人のほうが恥ずかしかったです。まわりの人から本当に誘導している人が「目の見えない人」だと思われ、道を譲ってもらったりしました。素直にご好意に甘えてしまいましたが、本当のことが言えないのはつらいものです。

ブラインドウォークは目以外の感覚をフル活用し、鍛えるものですが、目をつぶっているといろいろな「気づき」があります。

例えば、道が坂道になっているのに気づいたり、お店の前を通るとにおいをいつも以上に感じたりします。何より周りの人に敏感になります。怖いことに自転車が自分の横を通り過ぎるだけでも、トラックが走っているような感覚を味わいました。

日頃から目をつぶって行動しても、いろいろな発見があるのでブラインドウォークをやってみてはどうでしょうか。自分のお部屋でもかまいません。

例えば、いつも使っているものはいつも同じ場所に置いていないと使えなかったりします。ブラインドウォークをすることによって「整理整頓の良さ」に気づけるかもしれません。


質問に答えるだけでエントリーシート・履歴書がすぐ書ける 受かる!自己分析シート質問に答えるだけでエントリーシート・履歴書がすぐ書ける 受かる!自己分析シート



by NLPコンサルタント
posted by NLPコンサルタント at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP関連(体験記)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック